フレンチブルとカナダ生活

二匹のフレンチブルとトロントでの日常Life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

住宅事情そのいち

そう  実は







蟻さんとの戦いに 未だ   日夜あけくれる毎日・・・ (過去の記事参照→コチラ

20080707 001
見る?    クリックで拡大  グロ注意








先日買った アントトラップ も 煮えたぎる熱湯じょろじょろ?ん も ミント も





この

20080707part1.jpg
恐ろしく効きそうなNEW殺虫剤









なぜか短期的には効くものの・・・またまた戻ってくる蟻さんたち・・・ 涙









20080705 009
そうみたい・・・   






たくましすぎる彼らに長期戦を覚悟しつつ、ワタシはこう叫びたい










なんつー密閉性の低い建物なんだよ??っ
注:ドアの下とかめっさ隙間あるし、通風孔もあっぱっぱ?ですよ








20080707 004
だって本当にそうなんだもん  冬だって冷気がドアの下からヒューヒュー入ってきてたんだもん!










ということで、ツカミはおっけー
本日は

トロント郊外 住宅事情そのいち なんかいっちゃおうかと思います。
(いつ そのに をやるかは不明ですが)







20080705 012
うん・・・ そう  アハハハハハハ?







で、
密閉性の低い 申しましたが、







日本じゃ カナダ素材の木材が云々とか、先日 皆の庭を紹介してたりして(過去の記事参照→コチラ





20080617 001
一見 ちゃんとした?家に見えるカナダの家ですけど  









実は 細かいところを見ると 内装は言わずもがな、土台からして日本じゃありえないくらいのカンタンさで建てられてたりして、普請中の家を見るたびに不安になるレベルだったりします。










で、うちの周り 新興住宅街なのですが 今でも住宅地が北へ北へ延びており



jfall20080630 014
畑だったところや森を切り開いてどんどん開発していってるようです。






よく見るとこんなとこからでも



jfall20080630 019
遠くにダウンタウンのCNタワーが見えますよん










で、つい5月の終わりごろ  
これは本当に本物の家なのか?映画セットのハリボテ用じゃないのか??
とあまりの骨組みのちゃっちさに 本気で思って撮った





20080526 007
この写真







一ヵ月後には






jfall20080630 017
家になってるし????? 笑
見事にペラペラ木材の上に、ニセモノレンガと石材が貼り付けられ立派な家ふう になってます。











え? どうしてこんなに早いのさ  つーばいふぉーかよ  とお思いになるかと思いますが じゃあ実際に骨組みを建ててるところの写真をひとつ・・・









jfall20080630 015
こんな感じ・・・






もう震度2で潰れますね。










ワタクシのイメージでは





ズーム
20080630 015
マッチ箱の家です。











屋根も骨組み




20080526 012
こんなんだし・・・       いいのか??








20080707 005
そう  ニホンジンの目から見ると信じがたい!







でも、まあ自分の住んでる家も似たようなもので 今のところ不満はありつつも ここに8年住んでてもまあ倒れてないし 地震がない国だからありえる建築技法(技法と言えるのか?)なんでしょうね・・・













と、カンタンですが トロント郊外の新興住宅地の新築住宅なんかをご紹介しましたが ダウンタウンにあるような100年もののレンガ造りの建物があったり もちろん鉄筋コンクリート建てのビルやら、富豪の石造りのりっぱなお家もあるんですけどね・・・ でもどんな見栄えのいい家でも オフィスでも日本の耐震性まで考慮された 超ハイテク建造物には程遠く あまりの雑なつくりに激しくビビッたりします・・・







20080705 006
でも ビルが安普請で崩落した ニュースも聞かないし  コレでいいんでしょうかね・・・









しかしながら カナダ
土地も余ってるし、上ものは




20080630 0151
コレなのに      それか古くて汚い・・・










家が全然安くない   ってどういうことよ??








20080707 006
そう、 不思議なのです・・・














それは耐震強度1、もしくは皆無だな  と思ったらポチっ!でも日本よりマシでしょ? と思ったらポチっ! いつも応援ありがとうございます。そのいちクリックがワタクシの更新の大きな励みになりますですー
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ  にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ


そしてコチラも目指せ らんきーんアップ!! ぽちっとどうぞ
banner.jpg
たくさんのフレンチブルに会えます 是非是非覗いてみてね

テーマ:◇ 異国イヌ生活 ◇ - ジャンル:ペット

  1. 2008/07/08(火) 01:36:36|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<深遠なる謎 | ホーム | サマーな戦争ビギンです>>

コメント

たかがマッチ箱、されどマッチ箱、マッチ箱だからいいんでござんすよ~。安いくせに箱だから揺さぶってもコケないんですよ~。
でも、この値段は許せんわ、やっぱし。ぐらぐらの手すりも許せんし、アリさんも許せませんね。うちの旦那くんの両親とこも出ましたが、旦那パパは「飼ってると思や~いいんだよ」なんて呑気なことをのたもうていましたが、そんな問題じゃないですよね。この際「太陽政策」でA Bug's Lifeみたいに、外に貢物山積みにしておくとか...アリの巣見つけて、その隣に山積みとか...。

P.S. 勝手ながらリンクさせていただきました。
  1. URL |
  2. 2008/07/08(火) 06:59:52 |
  3. Purdy #-
  4. [ 編集]

すげーーーホントにマッチの家だ
マッチでーすだーーーーwww
恐ろしき住宅事情…アリンコも容易に戻ってくるわけですw
あーいう骨組みだと、家の中走ったりしたときは揺れるんですかね?

しかしありんこ、、、刺しますか?だと完全駆除したいですよねー
やっぱガムテでビーーーっとやっちまってくださいよw きっとそれを見た蟻の家政婦みたいのが、巣に帰ってみんなに噂広めて、で、もう誰も戻ってこなくなる!
なわけないですかねー
  1. URL |
  2. 2008/07/08(火) 08:06:17 |
  3. ターニャ #-
  4. [ 編集]

蟻がいかん!
小さな虫がたくさん集まっているのほど気持ち悪いものはないよっ!
去年タジ家の庭を食い荒らしそうになったアリたちは「蟻の巣ころり」でやっつけました。
蟻の巣の中に液体をぶちゅ~と撒いてやっつけるタイプ。
たくさんの蟻の巣があったので大変だったけど、かなり効果があったよ。
元から絶たなきゃダメなんだろうね。

カナダは地震がないの??
この建物たちは、あかんね~。
日本じゃありえんよ。(パッと見は豪華だけど。)
ドンマイカナダ~~!
  1. URL |
  2. 2008/07/08(火) 08:28:27 |
  3. TAJImama #-
  4. [ 編集]

我が家はいまだに壁の中から出てくる虫が発生中です。
追っかけると、すっと壁に消えちゃうんですけどね。

アリは発生してませんが、ラクーンは来てます。
隣人からの情報によると、何代か前から住みついているそうです。

  1. URL |
  2. 2008/07/08(火) 12:40:08 |
  3. Ayako #-
  4. [ 編集]

えー、まだ蟻との戦いが続いているのですか!?それも、今日の写真を見て思ったけど、かなりの数ですね!うちに蟻が入ってきた時って、せいぜい10匹から20匹程度でした。これは、Colonyができちゃってますね。家に入ってくるのは、やはり食べ物を探すためですから、何か蟻を誘うようなものが家の中にないですかね?例えば、床拭きに使っている洗剤が甘い匂いがするとか?もうこうなったら、家の中で蟻を見るたびに、掃除機で吸っちゃうとか?どんどん吸っていけば、そのうちいなくなるかも。

カナダの家って、すごい作り方ですね。(笑)ちょっとびっくり。寒い国だから、2重の壁で間にInsulationのスポンジみたいなものを入れて作っているかと思ってました。(←こちらは、このつくりです。)地震がないとはいえ、マッチ箱状態って心配な気もするけど、カナダの家って何十年も住むつもりなくて、こういう簡単な建て方なんでしょうか?でも、こちらでも、最近、建っている家は、かなり簡単な作りです。前、住んでいたアパートなんて、建って10年しかたってないのに、壁にひびが入ってました。
  1. URL |
  2. 2008/07/08(火) 19:24:35 |
  3. Snoopyママ #-
  4. [ 編集]

ほお。。
カナディアン・ハウスの実態はそうなんですか。。
でも地震や台風で倒壊がないのなら、それでいいのでしょうね。
でも手すりがグラグラなんて、厳しい現実ですね。
造園の時も思ったけれど、そこにちゃんとした、まともな業者が出来ると
商売繁盛だと思われるのに、出来ないのはなぜ?
値段は高くてもちゃんとやってくれるところより、いい加減でも安いほうが
いいのかしら?
う~ん、CANADAは謎が多いっす。
  1. URL |
  2. 2008/07/08(火) 20:30:02 |
  3. ハハルア #-
  4. [ 編集]

お返事~

Purdy さま
v-2おおーう リンクありがたく存じます。こちらもいれました~ それからPurdyさま語 “ケトー”いただきっ 笑
そうか、安いけど?箱だから横揺れにも強いんですね なあるほど・・・ ってそれってどうなの~~~~!!!!てね、そうこちらも地価ぐわんぐわん上がってうちの家もossanが買った7年前に比べりゃ市場価格は倍以上になってるようです。なぜ??
いちおう貢物として、anttrap 巣の外にふたつほど鎮座させておるのですが、そちらにもいくのにまったく数も減らず かつウチの中に入ってくるのはなにか獲物があるから というよりも 単に通り道にされてる気がします。(だってドア脇にしかいないのです)
うちの家、人が歩くと どすどす 振動が伝わりますよ  場所によりますけど ぎしぎし 軋みます。 まあ崩壊するまえに引っ越さなきゃ! 笑



ターニャ さま
v-2マッチです。ええ マッチ  ぎんぎらぎん~にさりげなく~
ありも通り道つくっちゃってます。いまいちどこから入ってどこに抜けていくのかは不明ですが(それはそれでキモイ)そうそう 人があるくと振動が伝わったり場所によってもんのすごく軋んだりするのですよ こわいでしょ。
いちおう毎日 大量殺戮の超凄惨な場面を演出してアピールしてるんですけどね、敵もさるもの 毎日もどってらっさいます。しかもこれが夜中~早朝にかけてなのですよ・・・ 朝起きて コレ だできもいきもい・・・



TAJImama さま
v-2そう 小さな虫が沢山集まってるのはほんとうにキモイです。それはあぶらむしも然り。最近毎朝1時間ほどは あぶらむしとの格闘・・・どうしてやつらも潰しても潰しても次の日にはあんなにいるの~!!しかもやらかい花芽にばかりタカりよってぶくぶく太りよって!憎らしい~~~
そう たぶん元から絶たなくちゃいけないみたいなので、本日その巣コロリ系とあと家の縁にぴーっと蒔いて結界を張る 笑 みたいなの買ってきます。カナダというかオンタリオのここらは地震ないのですよ~ ほんっとびびりますよ この建物。日本だと一瞬で潰れる・・・ 歩くと響くし、場所によると軋む・・・ 崩壊する前に引っ越します 笑



はっちっち さま
v-2わははは 壁の中から出てきて消える虫~~~
どんなんなんだろう・・・ でもある意味こわいですよね。ワタシ そこの壁の補修のために壁 崩す人とかになりたくないっす・・・なにかがいそう 涙 
蟻さん、どこから入ってきてどこに抜けてるのかわからんところが一番キモイです。そのドアのとこでしか見つからないのでたぶん通り道になっちゃってるんでしょうがもうイヤ~。
ラクーン まああの おいしそーな実をつける木があったら住みつきますわね ハイ。



Snoopyママ さま
v-2ふふふ かなりの数ですけど これも第一陣を大量殺戮して退けたあとなのですううう 涙 で、巣がですね バックヤードのもう家のすぐそばに出来てるのですがたぶんそこからなのですよ。でも家の中に入ってくるといってもこのドアの脇のとこにいるだけなんですね それより中にはまったくいない  ということでたぶん通り道にされてる・・・
そう カナダの家 あまりの寒さにもうちょっとしっかり作られてるかとおもいきやこんなん・・・で一応insulationのためのフワフワもはいってるんですが これがこのペラペラ材の中に入れられてんで、もういちまいペラペラが貼られてる ってそんな程度です。窓はいちおうdouble glaze ですけどドアの隙間とかすごいし・・・ イギリスの家もすごくなかったですか?一枚壁剥ぐともうむきだしのレンガ とかで。うち すんでたトコ バスが通ると地震並みに揺れてましたわ~
最近の家はちゃっちいということは フランスも地震  ないんですよね?



ハハルア さま
v-2そう 実態はそうなのですよ~ 見栄えはいいし 木材豊富だし なんか日本じゃカナダ産のなになに とかね 建築素材で言われたりしますけど実際すんでるもんにはこんなんですよ ハイ。だで、変な話 台風並みのものがきたり洪水とかになると すぐ壊れたり押し流されたりする・・・
そう、まともな業者が出来ると って思うじゃないですか でもそのまともな業者はそういう まとも  という感覚のある人間がいるからできることなんですけど・・・それがなかなか・・・  自分なんてこっちきて 日本の大工仕事(うちは叔父が大工でした)修行しときゃよかった! 日本の大工さんがこっちきたらもう引く手あまたよ! と思ってます。
すべて みためはいいんですけどね~ 中身がね~  やっぱそこらへんが北米と歴史あるヨーロッパとかとの違いでもあるんですかね~
  1. URL |
  2. 2008/07/08(火) 23:02:32 |
  3. keiks #nwW5O6Y6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://keiks.blog120.fc2.com/tb.php/160-2f2e57ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 marumomobanner.jpg
 当ブログはリンクフリーです。

プロフィール

keiks

Author:keiks
トロント北部での日常Life

丸彦(まるひこ)
2004年9月生まれ 
ブリンドルの長男

茂茂(もも)
2004年10月生まれ
クリームの長女

Keiks
三十路の日本人

Ossan
四十路のカナダ人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

 ご意見ご感想はこちらまでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。