フレンチブルとカナダ生活

二匹のフレンチブルとトロントでの日常Life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

南ア

日本にいたときカナダ人達と毎日仕事をしてたのですが、ケベック出身者たちを除きトロントからの出張者の移民もしくは親が移民であることの多さに驚きました。

こちらに移ってきてからは、自分の住んでいる地域が新興住宅街というのもあって両隣ロシア系移民、お向かいポルトガル系、そのお隣インド系ともりだくさんです。

そういううちの相方も生まれは南アフリカ。父親サイドはダッチ-フランス系アフリカーン、母親サイドはイギリス系カナダ人だったということで、アパルトヘイトに嫌気がさした21年前に単身トロントへ移ってきたそうです。

ということで、クリスマスに南ア ケープタウンとヨハネスブルグに行ってきたわけなんですが・・・

cape.jpg
ケープタウン

とても美しい国。ケープタウンはニースとかモナコみたい。ヨーロッパの影響を色濃く残した町で、今世界中のお金持ちに人気らしいです。日本の夏よりずっとすごしやすかったですよー

それよりもやっぱり

cape1.jpg
キャンプスベイ

cape2.jpg
テーブルマウンテン

自然の造形美がすばらしいとこでした。
ケープタウンへ行ったらネルソンマンデラ記念館、ロビン島へのツアーもおすすめします。

もちろんお約束の

rino.jpg

waterbak.jpg

zebra.jpg
zera.jpg
elephant.jpg

サファリ(ゲームパーク内ですが)ドライブも (小さいころにいった富士とか群馬とか思い出しましたけど)

ライオンの保護公園でカブと遊ぶこともできます。
lionc.jpg
正直パワフルでちょとこわかった・・・

私のいったゲームパーク(野生保護区)はヨハネスブルグ郊外に位置しているサンシティーというリゾートが併設されているピランズバーグというところでしたが、次回はイーストコーストの巨大サファリにいってみたいですね。

南アはものすごい裕福な人たちがいる反面、貧困層のあまりの多さにも驚きました。アパルトヘイトはなくなったもののその格差の大きさに申し訳ない、やるせない気持ちになります。


で、その間うちの野生からかけはなれたまるももは
marumomo9.jpg
友人の家でお留守番してたのですが(友人が送ってくれた写真 ナーバスそうに見えるのは私だけ?)そこのわんちゃんたちととっても楽しくクリスマスを過ごした模様・・・
だって1キロも太って帰ってきた・・・どういうことよ?


南アもワンコはたくさん!番犬目的の子達が多いのですが相方の妹宅の
olliefurgie.jpg
ボストンのファーガソンにシャーペイのオリー


fergie.jpg
フガフガ ブーブー


この二匹のおかげで癒され、犬欠乏症の禁断症状も出ずにすみました。

現在私を含め、まるもももダイエット中です!!!

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. 2008/01/22(火) 07:47:32|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<現地妻 | ホーム | 本日のまるもも>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2008/01/23(水) 11:13:49 |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://keiks.blog120.fc2.com/tb.php/7-57f916f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 marumomobanner.jpg
 当ブログはリンクフリーです。

プロフィール

keiks

Author:keiks
トロント北部での日常Life

丸彦(まるひこ)
2004年9月生まれ 
ブリンドルの長男

茂茂(もも)
2004年10月生まれ
クリームの長女

Keiks
三十路の日本人

Ossan
四十路のカナダ人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

 ご意見ご感想はこちらまでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。